債務整理を
詳しく知る

債務整理とは?

対処法を知っていると困った時に役立つ!
自分に最適な方法を探しましょう!

今のままでは、どうしても借金返済ができない。自己破産するしかないのか?…。そんな風に簡単に考えている人はいませんか?

実は債務整理をもっと知っていると、借金返済ができない=自己破産ではない場合があるということが理解できます。

法律を利用した借金整理方法である債務整理は、自己破産を含め、4種類のパターンがあり、最適な方法を選ぶことで明るい未来が開けるかもしれません。

詳しくは信頼のおける弁護士にご相談ください。

債務整理の方法

免責と債務整理における自己破産
「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」

場合によっては、一度借金を抱え込んでしまい、債務整理における自己破産を行って一旦解決できたけれど、また再び債務整理における自己破産が必要なほどの負債を抱え込んでしまったという場合には、どうなるのでしょうか。

結論から言えば、債務整理や自己破産というのは、何度も行うのは難しい場合が多く、7年振り返って、その間にこの手続きを行った事がある人は、基本的には再度行う事はできないらしいです。

やはり繰り返しその様な状態になってしまうというのは、本人に問題があると考えられます。

一度その様になった時点で十分に反省して、自分に厳しくありたいですね。借金に関しては、なるべく重く受け止めたいですね。

ローンの多重債務問題を解決するには

複数社のローン返済に悩んでいる多重債務者が少なくありません。多重債務者は自転車操業をしている方も多く、自力で完済するのは難しいのが現状です。そこで債務者の救済制度である債務整理がおすすめされています。

債務整理とは、借金を整理して減額または免除する方法です。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産という4つの手段があり、債務者の条件に応じて最適な整理方法を選択できます。

債務者が自ら債権者に交渉したり裁判所に申し立てることもできますが、時間、労力、知識が必要なので通常は弁護士に依頼して行ってもらうのが一般的です。

返済不能な借金は、借金相談して自己破産しよう

大阪で借金が返済能力できなくて困っている人は、自己破産することをおすすめします。破産の手続きは裁判所で行われることから、提出書類は複雑で難解なものが多く、素人が作成するのは大変です。

しかも借金が帳消しにできるのは良いのですが、マイホームやマイカーを手放さなければならなくなったり、破産してから復権するまでの間、一定の職業に就けなくなったりと、その不利益も大きいので、安易に選択するのは危険です。

したがって、弁護士のような法律家に借金相談をして、本当に自己破産をしてもよいのかを確認したうえで、手続きに進むのが安全策です。借金相談した弁護士が信頼できそうであれば、その後の手続きも依頼すると良いでしょう。

債務整理は弁護士でも長い時間がかかる

自分のペースで行えるわけではなく、債権者の問題も債務整理には影響しているのです。弁護士にお願いして、すぐに終わらせたいと思っても、債権者側の都合が合わず、交渉できない可能性もあります。

その場合、ある程度に日程を決めると同時に、債務の返済義務を止めるための通知をします。通知は弁護士にお願いすれば、すぐに行ってくれます。これによって返済はしなくてもいいですが、返済しない代わりに交渉を進める時間が遅れる可能性も出ます。早くはできないと思って、方法によってもかなり違いが出ると理解して、行動を行ってください。

債務整理.nethttp://www.shakkin.net/ 大阪弁護士会所属弁護士法人みお。

弁護士に債権者と交渉をしてもらう債務整理

債務整理とは、債権者と債務者との間で交渉によって、債務者が債務の支払いをしやすいように条件を考え直してもらうことです。これは、任意で行われるものであるため、法的整理と区別をして私的整理とも呼ばれます。

任意であるため、応じるかどうかは債権者次第です。ただし、ふつうは個人での交渉を受け付けている貸金業者は存在しません。そのため、通常は弁護士を間に入れて交渉をしてもらいます。

弁護士が間に入れば、業者の方は交渉をしてくれる場合が多いです。業者の方も、まったく返済がされないよりはそちらの方がましと判断するからです。

弁護士の債務整理と金利の関係

弁護士が債務整理を行う場合には、第一にその方法について考えるものです。任意整理とするか個人民事再生とするか、或いは自己破産とするかは借金の総額と本人の社会的地位、若しくは生活状態などを総合的に考えて決めるものですが、その中でも借金の金利についても十分に確認します。

これは、過払いの可能性があるためです。過払い金を回収できるかどうかについては、最終的な借金の額に大きく影響する上、債権者との交渉材料にもなるものです。

過払金を回収することで返済の一分に充当することが出来るため、借金の総額を減らすことが出来る上、債権者との話し合いでは返済方法を見直すということにも繋がります。その為、弁護士に債務整理を依頼する場合には金利についても説明する必要があります。

借金相談は弁護士にするベき

現在借金に関する相談を出来る先としては法テラスや司法書士、弁護士といったところがありますが、最も良いのは弁護士です。

もし債務整理などが必要になったとしても速やかに裁判所に対して申し立てが出来るようになりますし、何より額に関係なく過払い金の請求ができると言うのがポイントです。

司法書士の場合はそもそも法律的に裁判所の手続きをすべて代行するということができませんし、140万円以上の過払い金がある場合はその返還請求も出せません。法テラスの場合は結局状況に応じて専門家を紹介するだけになることが多いですから、速やかに借金問題を解決したいのであれば弁護士に相談することをおすすめします。

司法書士と自己破産とデメリット

自己破産に果たしてデメリットはあるのでしょうか?基本的には裁判所に申し立てをするため司法書士など専門の人に依頼した方がいいと言われています。デメリットとしてまずあげられるのが、クレジットカードの作成ができなくなると言う点、分割払いができなくなるという点です。

最近では携帯なども高額になってきているので、分割払いが主流ですが、この方法が使用できなくなります。また自己破産をした時にもっていた20万円以上の財産は没収される可能性があります。(20万円以下でしたら保持しておくことができる。借金返済できないのに財産を持っているのはおかしいという考えの元)

借金相談は司法書士におこなう

法律が改正され、昨今においては司法書士に借金相談をすることも可能になりました。司法書士は町の法律家として、以前から人々に親しまれている存在でもありますので、借金の相談についても敷居を感じることがなく手軽に相談することも可能になるでしょう。

一人で抱えてしまっている借金は、非常に苦しいものであります。借金問題の解決できるプロフェッショナルに相談することで、新たな手段を編み出すことができるかも知れませんし、何より精神的に楽になることが予想されます。精神的に元気になることで借金問題も早期解決できるでしょうから、いち早く解決していくことをおすすめします。

多重債務の場合の債務整理

借金を抱えて悩む方の中でも、複数の借入先から借り入れを行っている事を多重債務と言い表されます。全額の返済が困難な状況に陥っている場合には、債務整理が行われ、返済に関する計画が立て直されたり、借金額が減らされたりします。

借入先への直接交渉だけでなく、中には裁判所への掛け合いも必要な手続きが存在しており、個人の方でも手続きを進める事は不可能ではないものの、とても面倒な作業を行わなければなりません。弁護士や司法書士に対応策を求めるケースも多く、法律に基づいた助言が受けられるだけでなく、手続き作業も一括して任せられます。